« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

リヨンの料理

今日はニコラが夕食を用意してくれる日!

いつも会社から帰ってきて、真っ先に思うことは、「夕飯の支度しなきゃ!」だから、それがないだけで、本当にうれしい。1週間に一度、こういう日があるだけでも、とっても助かります。

Photo_41

さて、まずかぼちゃを煮て、たまねぎを炒めたものをグラタン皿に。上にクリーム、チーズをかけてオーブンで焼きます。

Photo_42

そしてお魚のソテーに添える用に作ったバターにレモンの皮を刻んで混ぜ、固めたもの。

めんどくさそうだなぁ。絶対私にはできん・・・。

Photo_43

焼きあがったカボチャのグラタンに、魚のソテー、そしてさっきのバターを乗せていただく。

Photo_44

こちら、サラダリヨネーズ(リヨン風サラダ)。サラダにも地方の色があるんですね~。サラダニソワーズ(ニース風サラダ)もあるしね。日本で言うと、なんでしょうか?お雑煮のような感じ?!!!

Photo_45

デザートは抹茶のクレームブリュレ。最近作ってもらってなかったので、リクエストしておきました。

でも、そういえば、ニコラに抹茶以外のクレームブリュレ作ってもらったことないなぁ。今度は普通のクレームブリュレを頼んでみようっと♪

リヨンの料理は5月に料理教室で、抹茶のクレームブリュレは、日を設けて、6月にキッシュなどと一緒にやる予定でございます。

詳細はこちら↓

ナポリのフランス語料理教室

あ~~、リヨン行ったことないから行きたいな~~~。食の国って感じのフランスの中の「食の都」って言われちゃってるんだもんね。どんなところかしら??

| | コメント (6)

4月の料理教室

今日は暖かかったですね!風は強かったけど。

さてさて、今月の料理教室を14日と21日に開催しました!

Photo_30

今月のメニューは、南仏料理のカスレ、ヨーグルトのシャーベット、リンゴのクランブルです。

まずはカスレから。

Photo_31

カスレはこの絵の器の名前がカスルで、カスルに入っているから、カスレらしい。

カスレもなかなか時間のかかる料理です。

まず、乾燥白インゲン豆を一晩水に浸しておく。白インゲン豆ってどこに売ってるんだ?と思いましたが、普通のスーパーに売っています。野菜売り場ではなく、乾ものコーナーにあることが多いです。水で戻すやり方は、パッケージに書いてあると思いますので、それに従ってくださいね。

Photo_32

そして豚ヒレ肉と豚バラ肉をマリネしておく。両面に塩、コショウを振り、ラップで包み、冷蔵庫で2時間寝かせたあと、なんと水で洗うんですよ~~!!!豚肉を洗っているのを初めて見ました!

で、その洗った豚肉の水気を取り、ローリエと一緒に置いておきます。

カスレは南仏の中でも地域によっても家庭によっても違うようなので、豚肉ではなく鴨肉を使ったりもするみたいです。

Photo_33

そしてソーセージ。実際カスレに入れるのは日本で見かけるソーセージとは異なるそうなのですが、我が料理教室、普通のスーパーで手に入らない面倒な食材は極力使わないようにしているので、よく見かけるいつものソーセージ(ハーブと普通のもの)を使いました。

こちらも包丁で薄く切り込みを入れ、オリーブオイルとニンニクで下味をつけておきます。

あ~~、私なら、この下準備だけで投げ出しているだろう・・・。

Photo_34

豆を1時間ほど煮て、豚肉とソーセージは適当な大きさに切り、フライパンで焼き色をつけ、すべてをあわせて40分ほど煮込みます。

Photo_35

途中アク取りもしましょう。これ、ニコラ曰く、フランス流アク取り。おたまにすくって、ふ~~ふ~~っと吹いて、上のアクだけ飛ばしているのです。 はじめ冗談でこんなことしているのかと思ったら、本気だった・・・アク取りで取ればよくない?

Photo_36

それから、トマトと玉ねぎのみじん切りを炒めます。

Photo_37

豆と豚肉・ソーセージを煮込んだものをお皿に盛り、上にトマト・たまねぎを煮込んだものを乗せて、パン粉を振り、230度に熱したオーブンでパン粉に焼き色がつくまで(15分から20分ほど)焼きます。

Photo_38

上にパセリを乗せて、出来上がり。

カスレは私がフランスに行ったことのある方何人かに「すごくおいしかった」と聞いた料理の一つで、とても興味がありました。小さい割りに、ボリューム満点でおいしかった。

フランスではとても脂っこい料理らしいので、日本人用ということで、ニコラにあまりしつこくないカスレを作ってもらいました。

そしてデザート。今日は例外で、料理はカスレだけだったので、デザート2品。

リンゴのクランブル。

Photo_40

リンゴを小さく角切りして、フライパンにバターを熱し、炒めます。少し焼き色がついたところで火を止めます。

クランブルは上に乗せるクッキーのようなサクサクした生地。

砂糖、バター、小麦粉を同量入れて、軽く混ぜたもの。

Photo_39

リンゴとシナモンのクランブルとヨーグルトのシャーベットです。写真がぼけてた。ごめんなさい。

今月来てくださった皆様、ありがとうございました。

次回はリヨン料理です。

ナポリのフランス語料理教室、ホームページはここをクリック

| | コメント (4)

クロックムッシューとモロッコ料理

今日は水曜日!!!!

水曜日はニコラが仕事が休みなので、いつも夕飯を用意してくれていて、家に帰るといい香りがするし、「今日は何を作ってくれてるのかな~~~?!!」って帰るのが超楽しみなのです!!!!

今日は私の大好物だった!!

まずはクロックムッシュー。

Photo_24

ホワイトソースを作って、パンドミ(食パン)の上に塗り、ハムを乗せて、パンを重ねます。さらにそのパンの上にもホワイトクリームを乗せ、チーズを乗せて、焼きます。

Photo_25

我が家はチーズがなかったので、ハムを上にも乗せました。ちょっと小腹が空いたときにちょうどいい軽食です。

クロックマダムもあるんですが、まだ食べたことがない。なぜクロックマドモワゼルはないのだろう??

そしてもう一品は、タジン!!!!!!!

クスクスのほうが有名かもしれませんが、タジンも人気のモロッコ料理です。モロッコ、アルジェリア、チュニジアは北アフリカでヨーロッパとも近いし、フランスの旧植民地でもあり、フランスにはたくさんのマグレブ出身の方々がいます。なので、フランスのスーパーにもクスクスとか普通に売っているのです。

でも、タジンはあんまり見たことがなかったし、ニコラがタジン作れるなんて知らなかったよ。もっと早く言ってくれればいいのにさ~~~!

Photo_26

まず鶏肉ソテー。やっぱり別々に調理するのね・・・

Photo_27

たまねぎとショウガをソテー

Photo_28

そしてシナモンのスープ。

この3つをあわせ、レーズンを入れ、煮詰めること1時間。

Photo_29

タジンの完成です。鶏肉もやらわらかくておいしいな!シナモンと鶏肉。フランス料理とも違った、異国の風味で、新鮮です!しかもなんか、簡単そう。

さてさて、お次はデザート!!! と思ったら、デザートがない!

「え~~、何でデザートないの??」と聞いたら、「作ると、作り過ぎだって言って、もう作るらないでって言うくせに」って言われました。おっしゃる通りでござる。

| | コメント (6)

あさりのスパゲッティ

昨日は横浜の海の公園へ、潮干狩りに行ってきました。

Photo_21

ちょっと貝は小さかったけれど、いっぱい取れたし大満足!

潮干狩りに適した日は、海の公園のHPで調べられるので、これから行こうと思っている方、チェックしてみてくださいね。

http://www.umino-kouen.net/

夕飯はもちろん取って来たアサリを料理!

Photo_22

実は私、ボンゴレビアンコとか、ボンゴレロッソとか、食べたことないんです。なので、この機会に、フランスの料理学校でイタリア料理も勉強したと言っていたニコラっちに作ってもらおうと思ったんですが・・・

ニコラッち、ボンゴレビアンコ知らなかったよ~~!(私の発音が通じてなかったのかもしれませんが)

ニコラ曰く、「フランスにアサリはない(アサリみたいなやつならあるけど)」とのこと。だからボンゴレビアンコも知らなかったのかな?

Photo_23

なのでオリジナルで、あまりものの野菜(たまねぎ、にんじん、ほうれん草)を使って作ってくれました。

アサリだけにあっさりしていていくらでも食べられちゃう感じでした~

| | コメント (8)

これが本物のナポリピッツァ

南仏料理カスレ。 お休みだったニコラが作ってくれました~~。

カスレを食べるのは初めて。何度かフランスに行った人から、「カスレっていう料理、おいしかった~~~」と聞いていたので、ずっと食べたかった~~。

Photo_15

主な材料は、豚ヒレ肉、豚バラ肉、ソーセージ、たまねぎ、トマト、そして白インゲン豆。

とにかくカスレは時間がかかる!!私は一生作ることはないだろうな。

豆を一晩水につけて煮る。豚肉をマリネしておく。これだけでもうオイラにはムリだよ。。。

トマトとタマネギをまず煮ます。

Photo_16

つけておいた豆とソーセージと豚肉を煮る。ソーセージと豚肉は煮る前に、一度フライパンで軽く火を通しています。

フランス料理って何かと別々に調理することが多い。洗い物もその分増えるし、手間も時間もかかるし、ほんとうにめんどくさい!!(何もしていない私が言うな、って感じですが・・・)

Photo_17

そして豆の上に、トマトを乗せて、パン粉を散らし、オーブンで焼く。

Photo_18

パセリ乗っけていただきます。

いやぁ、こんなに手間がかかるのを作るニコラはすごいよ。カスレって家庭料理らしんだけど、フランス人は家庭でもこんなに手がかかるものを作るのですな。。

日本だと何があるかな?手のかかっている家庭料理。(私の中では豚の角煮だな・・)

しかし、手が込んでいるだけあって、超ボリュームが!!!ボリュームがありすぎます。栄養分っていうか、カロリー超高そう。これはちょっとでおなかいっぱいになります。

これ、今月の料理教室でやる予定なのですが、来てくださる予定の皆様、ちょっと重い料理ですので、覚悟してきてくださいね!なんせ、フォワグラをおいしいとパンにべっとりつけて食べちゃうフランス人ですから、このくらいじゃフランス人にとっては重くないのかもしれないですね。

Photo_19

そしてデザート。これも料理教室でやりま~~す。リンゴとシナモンのクランブル。重い料理のあとは軽めのデザートでさっぱり!

そして、南米で買ってきたオリーブが家にたくさんあるので、ニコラっちがピザを作ってくれた!

Photo_20

そう、これが正真正銘のナポリピッツァなのでごさいます!!!だって、ナポリが作ったんだもん!

ピザの生地まで手作りで作ってくれました。

| | コメント (0)

お弁当持ってお花見に

満開になって初の週末でしたね!皆さんは行きましたか??

今日行ければよかったのですが、ニコラっちがお仕事だったので、私たちはちょっと肌寒かった昨日行ってきました。

Photo_12

行ってきたのは多摩川駅そばの多摩川台公園。 ここに公園があるのは知らなかったのですが、先日ニコラっちの日本語の先生に教えていただいて、近いので、行ってみました。

11時頃着きましたが、皆さん場所とりしていますね。

Photo_13

うちらも適当に場所を取り、持ってきたお弁当を食べました~~♪

お弁当、作ったのは

このブログのせいか、いつもニコラっちに作ってもらってるんじゃないかと思われがちなので、たまには自分が作っているとアピール!

といっても、何も特別なものは作っていない。そしてニコラはいつも色のバランスとかも考えて盛り付けてくれるのに、私、そういうセンスまったくないので、人様には見せられない~~ というわけで、ちょいとぼやけている写真使用。

中身はつくねハンバーグ、かじきの煮付け、玉子焼き、ズッキーニのナムル、かぼちゃのサラダ、そしておにぎりです。

Photo_14

そのあと公園内を散策して帰りました。

そして夜もまた桜を見に、今度は津田山霊園へ。

こちら、とっても長い桜並木が続き、かつ、都心ではないので、人が少なくけっこう穴場。

しかし、桜並木の両脇にはお墓が広がります。夜行ったら、一部のところ以外は街灯もなく、桜はたくさんあったのですが、残念ながら暗くてあまり見えなかった。。そして写真も何か違うものが映っていたら、コワイなぁ。。と思って撮りませんでした。次は昼に行こうっと!

4月になってしまいましたね~~~

新しいことが始まることも多いのでは??よい新年度になりますように!

私はフランス語を習いに行こうかと思っております・・・。

| | コメント (4)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »