« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

料理教室:キッシュ、ラタトゥイユ、クレームブリュレ他

昨日の料理教室の模様です

Photo_128

今回のメニューは、以前やって好評だったメニュー。しめじとたまねぎのキッシュ、ラタトゥイユ、鶏肉のマスタードクリームソース、抹茶のクレームブリュレです

Photo_129

まず抹茶のクレームブリュレから。砂糖と卵黄に抹茶を小さじ1杯、混ぜ合わせます。

Photo_130

抹茶ってこんな少量でも色も味もはっきり出てすごいです!これにクリームと牛乳を加えて焼き上げるわけですが、泡立てる必要もないので、意外にあっという間に終わりました。お店でクレームブリュレ売ってるとけっこうな値段がするので、難しいと思っていました。

Photo_131

でもクレームブリュレの難しさは、焼き加減なんでしょうね。120度で焼きますが、オーブンによって焼きあがりが変わってきますので、家で作る場合は、ちょこちょこ火の通り具合を見て作ってくださいね。

Photo_132

お次はキッシュの生地。キッシュ好きな方は多いですが、この生地つくりが面倒のようですね。確かにめんどくさい!小麦粉をまぶさなきゃいけないから後片付けもめんどくさいですし。。。でも冷凍保存も出来ますので、時間があるときに一気に作ってみてください!

Photo_134

まずはキッシュの生地だけ、おもしを乗せて、生地が膨らまないようにして焼きます。

Photo_133

焼きあがった生地に、さらに卵黄を塗ってまた焼きます。

Photo_135

具のたまねぎはしんなりとオリーブオイルで炒め

Photo_136

しめじはバターににんにくを入れて炒め、最後にパセリを加えます。

Photo_137

ところで皆さん、きのこは洗いますか?ニコラは洗う派、私は洗わない派閥に属しています。ネットでも見たけど、意見の分かれるところです。

Photo_138

焼き上げた生地に具を入れ

Photo_139

クリームを流し込み、3度目の焼き!

Photo_140

お待ちかね~~!焼き上がりです。いい香り、いい色で食欲そそります!

Photo_141

次はラタトゥイユ。ニコラっち出身の南仏プロヴァンスの代表的家庭料理です。

ラタトゥイユは、日本の肉じゃがみたいに??!!各家庭で味が違うし、作り方も違います。ニコラは野菜を小さく切って、煮込むというよりは炒める感じで作ります。

Photo_142

トマト以外のそれぞれの野菜を炒めたあと、一つにし、トマトとバジルを足して少しだけ炒めれば完成!

Photo_144

続きまして鶏肉のマスタードクリームソース。まずは鶏肉に塩、こしょうで下味をつけます。

Photo_145

バターを熱して両面に焼き色をつけ、一度取り出します。

Photo_146

取り出したあと、同じフライパンに、ニンニク、小麦粉、白ワインをいれてよく混ぜたら、水、牛乳、粒マスタードを加え、また混ぜます。

Photo_147

一度取り出した鶏肉をまた戻して弱火で煮込んで出来上がり!

さて、しつこく3度目のナポリ家からのお知らせです。

Img_4

いよいよ来週になりました、このイベント。

ナポリ家は「シェ ナポリ」という超ベタな何のひねりもない名前で1階にテーブル出しますのでお越しになったらぜひ探してくださいね!

たくさんのイベントが企画されていますので、詳細は川崎市国際交流センターのHPをご覧くださいね!川崎フロンターレも来るらしいぞ!

| | コメント (2)

料理教室:夏のメニュー

Photo_116

昨日行った料理教室、今回はちょっと夏っぽいメニュー。ちょうど天気も夏みたいでしたね!

Photo_118

ヴィシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)です。ジャガイモを茹でて、ミキサーにかけ、牛乳を混ぜ、塩・コショウで味付けし、冷蔵庫で冷やします。

Photo_119

そしてアスパラガスのレモンクリーム添え。アスパラガスは固い下の部分を取り除きます。

Photo_120

ソースはレモン果汁、粒マスタードにサラダ油を少しずつ加え、よく混ぜます。ちょっとマヨネーズを作るときみたいですね。クリームも少し加えます。他のサラダにもドレッシング代わりにいいかも!

Photo_121

そして鶏肉バジルのクロックムッシュー。本当はクロックムッシューってハムですが、ハムですと軽食という感じなので、食事風にアレンジして鶏肉を使いました。

鶏肉はムネでもささみでも、モモでも大丈夫です。両面オリーブオイルと塩・コショウ、そしてバジルで30分ほどマリネしておきます。

Photo_122

この鶏肉だけでもおいしそうです!!いい香り♪

Photo_123

そしてベシャメルソース。ベシャメルソースって、要するにホワイトソースのフランス語版のようですが、ベシャメルソースって言ったほうが、なんかちょっと料理に詳しそうに思われるような気がしちゃいます!

Photo_124

8枚切りの食パンの上に、焼いた鶏肉を薄く切ったものを乗せ、その上にベシャメルソースをかけます。さらに食パンを上から重ね、軽く押し、また鶏肉、ベシャメルソースの順に乗せ、最後にピザ用チーズを乗せて、オーブンで表面に焼き色がつくまで焼きます。

Photo_125

う~~~~ん、おいしそう!!!クロックムッシュー大好き!

Photo_126

こんな感じに盛り付けていただきます。少しくらい冷めてもおいしそうなので、ピクニックにもいいかもしれないですね!

Photo_127

デザートはムース・オ・ショコラブランです。

さて、来週の料理教室はこれまたちょっと夏っぽくラタトゥイユ、そしてしめじとたまねぎのキッシュ、鶏肉のマスタードクリームソース、抹茶のクレームブリュレをします。空きが残りわずかです。参加希望の方、ご連絡お待ちしています。

詳細はこちら→ナポリのフランス語料理教室

| | コメント (2)

ベジタリアン料理?

今日の夕飯は野菜攻め!!ブクブク太っていく私の健康を考えてくれたのだろうか。

Photo_110

ナスとしめじとさやいんげんのグラタン。野菜だけのグラタンと聞いて、何で肉いれてくれないんだよ~~~物足りないじゃんって思ったけど

Photo_111

チーズがあって、クリームが入っていると、なかなかボリュームがあるように感じますね。お肉なくても平気です!

Photo_112

そしてニンジンの冷製ポタージュ。

あとは豆腐とトマト煮を作ってくれました。

そしてお菓子。

Photo_113

ショコラとミエル(はちみつ)のマドレーヌ。

Photo_114

アルザス地方のパン。パンデピス。スパイスのパンという意味で、中にスパイスやヨーグルトが入っています。ニコラの伯母さんのレシピ。

スパイスが入っていると言っても、そんなに強烈ではなく、砂糖も入っているので、おやつ感覚で食べれます。

Photo_115

そしてガトーショコラ。ちょっと作りすぎだろ!!まぁ、焼き菓子だから長持ちするから大丈夫か。会社に持っていこうっと

さて、しつこいけれど、ナポリ家のお知らせ~~!これらのお菓子は、7月1日に川崎市元住吉にある国際交流センターで行うインターナショナルフェスティバルで出す予定のお菓子なのです。今休みのたびにその試作中!

Img_3

お近くへお寄りの際は、ぜひナポリ家も探してくださいね!

| | コメント (0)

JOYEUX ANNIVERSAIRE!

先日ニコラが27歳になりました!

Photo_101

グラマシーニューヨークで買ったメロンのタルト。フランスにいたときからニコラには「日本のメロンは高いよ~~」と言っていたので、日本でメロンを食べるとニコラはとっても喜んでくれます♪

しかし、このケーキ、タルトと名前についていながら、下がスポンジだったぞ~~!

Photo_102

前日にケーキを食べて、翌朝富士山へGO!

5

とりあえず5合目行っておきました。この先はまだ閉鎖中。

Photo_103

よく聞く話だけど、やっぱり高い富士山の自動販売機!倍ですね、ペットボトルは300円。

でも、数ヶ月前に富士山よりもずっと標高の高いボリヴィアに行ったせいか、このくらいの高さで倍にするな~~!!って思ってしまった。ボリヴィア人もきっとビックリ?!5合目って倍にするくらい、輸送大変なんですかねぇ。

5_2

5合目からの眺め。あいにく雲がかかっていて遠くまでは見えなかったけど、5合目まで来るなんて何年ぶり?ニコラも初めてだったし、大満足!

Photo_104

帰りは箱根にちょっと寄ってきました。

Photo_105

緑、癒されるね~~。見てるだけで目に良さそう。空気もきれいだし、最高でした!

Photo_106

さて、今日のお食事。キッシュです。

Photo_107

パセリを入れた生地を広げ、ベーコンを乗せます。

Photo_108

オリーブのみじん切りとクリームを混ぜたもの、そしてクリームチーズを乗せて焼き上げます。

Photo_109

出来上がりはこんな感じ。オリーブが入っているか、けっこうさっぱり感がありました。パセリは味はしないけど、生地に緑が入ってるのもいいですね~

さてさて、ナポリ家からのお知らせ。

Img_2

7月1日日曜日に川崎市国際交流センター(最寄り駅:東横線元住吉駅)で行われるインターナショナルフェスティバルの世界の物産コーナーに私たちも出展させていただくことになりました~!

実は今年、川崎でアメフトの世界選手権をやるのです!それを盛り上げるために(?)、出場国のフランスのお菓子を出すことになりました。

物産コーナーのみならず、ステージ企画、世界の料理、外国人市民とのふれあいや、南仏のおじさんたち大好きなスポーツ・ペタンクのコーナーまであるらしい!アメフトのスタンプラリーなんかもやりますので、お子さんも楽しめると思います。

マドレーヌをはじめ、パンデピスや、ナヴェット(南仏のお菓子です)などなどを出す予定ですので、インターナショナルフェスティバルにお越しになる方がいたら、ぜひナポリ家も探してくださいね!

国際交流センターのHPのインターナショナルフェスティバル案内はこちら

| | コメント (4)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »