海外の旅

モロッコからの郵便物

先日、モロッコに住む友人・モハメッドから郵便物が届きました。

実は、ネットショップを作ろうと思っていて、モハメッドにモロッコのバラ水などを送ってと頼んでいたのです。

今まだそのサイトの作成中・・・完成したらお知らせします。

しかし、私ほんと、やること遅くって、というかなんだかネット社会についていけず

ニコラっちの料理教室のHPも、まだまだ未完成・・・情けない・・・

まあ、ここで反省しても仕方ないので

モロッコ旅行をちょっと振り返ります!!!

モロッコはフランス滞在時に、仕事のあるニコラっちをおいて一人で行きました。

まずはマラケシュに到着!

1009

マラケシュのメディナの中にある小さな食堂でランチ。

テーブルの上には、4匹のゴキブリが!しかし、こんなことでくじけていては、一人旅なんてできません。当然フツウにいただきました。

1009_1

マラケシュのマカロン売りの少年。「モロッコにも(フランス菓子の)マカロンはあるんだね」とモロッコ人に言うと、「マカロンはもともとモロッコのものなのに、フランス人が盗んだんだ!」と言われました。それをフランス人に言ったら、「マカロンはフランスのものに決まってるでしょ」といわれた。

ちなみに、チーズフォンデュもスイス人は「スイスのものだ」と言い、フランス人は「フランス料理だ」と言うらしい。

1009_2

次はマラケシュから砂漠近くの町、ワルザザードを目指します。

モロッコはいろんな自然がいっぱい!マラケシュからたった6時間ほどなのに景色が変わる変わる!はじめは緑もちらほらある山が見えていたが、

1009_5

うっかり寝てしまって目を覚ますと、一面銀世界!まるで飛行機から見てるみたいでしょ?バスからです。

1009_6

今度こそ寝まいとがんばりました。だんだん景色が変わって、降りる頃にはグランドキャニオンばりの景色。

1009_7

モロッコのバスの運転手、運転超荒い・・

このときはアトラス山脈を越えるルートだったので、当然クネクネの山道。日本のようにカーブにミラーなんてなく、対向車がいるかも知れないのに、鼻歌歌いながら、かっ飛ばします。心臓が弱い方は絶対乗らないように!

1009_8

砂漠にはこのラクダに乗っていきましたが、ラクダさんの機嫌が悪かったのか、落ち着きがなく、ラクダからラクバ(落馬)してしまいました!

1009_10

砂漠に着きました~~~。南米のアタカマ砂漠に行ったことはあったけど、あそこは岩砂漠だったので、サラサラ砂の砂漠は初めてで感動しました~~!

1009_11

実は砂漠でコワイ目に遭いまして、、、道もわからない砂漠でモロッコ人男性4人と一晩過ごす羽目になり、恐怖の一夜を過ごしたわけですが、町に無事帰ってこれて、安心から号泣してしまった私を助けてくれた、たまたまその場に居合わせたマイクとスージのイギリス人夫妻です。

「元気になるまでここにいなさい」と、別荘に招いてくれて、二晩添い寝してくれました。まさかこの年齢で、誰かに添い寝してもらうとは思いませんでしたが、本当にうれしくて安心して眠れた。

この恩、一生忘れない・・・・。

旅は普段の生活では勉強できないことが学べる場だなぁ、と改めて思えた旅でした。

モロッコ話、長くなってしまいました。

でもまだまだ終わらないので、また次回お伝えします!

| | コメント (4) | トラックバック (0)